• HOME
  • >
  • M&A基礎知識
  • >
  • M&Aにおける秘密保持契約について、注意すべきポイント

ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    M&Aにおける秘密保持契約について、注意すべきポイント

    2020/12/01

    M&A基礎知識

    M&Aにおける秘密保持契約は、不可欠な契約の一つです。M&Aに興味を持っていることや企業の内情が漏れてしまうと、経営に与えるダメージは計り知れません。
    第三者に対して、情報を漏洩しないことは最も重要な留意事項となります。
    では、秘密保持契約をむすぶ際には、どのような点に注意すればいいでしょうか?
    今回は、M&Aににおける秘密保持契約について、注意すべきポイントをご紹介します。

    秘密保持契約が必要な理由

    秘密保持契約を結んでいないと、M&Aに関する情報が漏洩する可能性が高くなります。
    仮に、漏洩してしまうと、どういう影響が考えられるでしょうか。

    たとえば、

    ・経営者がM&Aに興味を持っていることを、従業員が知ってしまう
    ・企業の内情が業界に知れ渡り、顧客の不信を招いてしまう

    などです。

    これらが経営に与えるダメージは計り知れないでしょう。よって、M&Aにおける秘密保持契約は必須と言えます。
    また、M&Aの秘密保持契約は、売り手と買い手の二者が交わせば良いわけではありません。
    実際のM&Aでは、さまざまな第三者が関わります。すべての人から情報が漏洩しない状況を作る必要があります。

    M&Aに関わる第三者とは、

    ・税理士や弁護士や会計士などの専門家
    ・M&Aアドバイザー
    ・M&A仲介会社

    などでしょうか。

    では、秘密保持契約で気をつける点とは、どのようなものがあるでしょうか。

    秘密保持契約のポイント

    1、契約の目的を明記する

    M&Aにおける秘密保持契約の目的は、「M&Aで関わった情報を漏洩しない」ということです。
    この部分がいい加減だと、M&A以外のことに知った情報を利用する可能性があります。

    2、情報共有の範囲を明確にする

    一般的なM&Aにおいて、買い手側のほうが、売り手側の情報をより多く収集します。
    これは買い手として当然の行為です。そのため、多くの情報を開示すると、売り手側は、情報漏えいのリスクが高くなっていきます。
    したがって、開示する情報を共有する範囲も契約で決めておくのがいいいでしょう。

    3、M&Aが成約しない可能性も想定する

    秘密保持契約を結んだとしても、M&Aが成功しないこともあります。そうなると、提供した情報は、返却してもらうのが望ましいでしょう。
    仮に情報を提供したままにしておくと、将来的にその情報を利用されてしまうかもしれません。
    よって、秘密保持契約でM&Aが成立しなかった場合のことも考慮して、契約書を作成しておきます。

    4、契約を違反したときを想定しておく

    秘密保持契約を結んだからと言って、必ずすべての人が契約を遵守してくれるとは限りません。違反をした場合、どのような罰則があるのか?を明記しておくことで、違反されるリスクを減らしましょう。

    まとめ

    M&Aに関する情報は、売り手にとっても買い手にとっても、秘密を保持すべき重要な情報と言えます。
    できるだけ情報漏えいの帽子に努めておくのが良いでしょう。
    最終的には、具体的なシーンを想定しつつ、両者間が納得のゆく契約を交わせることが大切です。

    この記事と一緒に読まれている記事