ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    株式公開買付(TOB)とは何か?メリット、デメリット、主な防衛策を解説

    2021/04/19

    メリット・デメリット

    上場した会社の株式を保有していると、M&Aなどを目的とした株式公開買付の対象となる可能性があります。

    今回は、株式公開買付(TOB)とは何か、メリット、デメリット、主な防衛策について解説します。

    株式公開買付(TOB)とは何か?

    株式公開買付(TOB)とは、TOBと言います。

    TOBとは、take over bid. の略称で、公開企業の経営権を取得することなどを目的として、対象の株式を短期間に大量に買い付けることを指します。

    株式公開買付の目的

    株式公開買付(TOB)をおこなう目的とは、下のようなものです。

    1、経営の実験を握る

    持ち株比率が50%を超えると、買収先の企業は子会社となります。持ち株比率が100%となると、買収先の企業は完全な子会社となり、すべての決定権を得ることができます。

    2、自社株を買い集める

    TOBは、他社の経営権を握るだけでなく、自社株を買い集める目的で使われることもあります。

    自社を上場廃止にするためや、他社からの買収を防ぐため、1株あたりの価格を上げるためなど、さまざまな目的があります。

    株式公開買付のメリット

    ここでは、株式公開買付のメリットをご紹介します。

    1、株式を一度に買い集められる

    十分な取引量がなければ、大量の株式を一度に買い集めることは不可能です。しかし、TOBなら経営権の取得まで効率的に株式を買っていくことができます。

    2、決めた金額で株式を買い集められる

    TOBは、価格を決めて株式を買い集めます。市場の株価によって思わぬ資金が出ていくことはありません。

    3、予定数の株式を取得できないならキャンセルできる

    予定数に株式取得が満たない場合、TOB自体をキャンセルできます。これもメリットの一つです。

    TOBであれば、すべての株式取得をキャンセルできます。中途半端に株式が手元に残ることはありません。

    株式公開買付のデメリット

    ここでは、株式公開買付のデメリットをご紹介します。

    売却後に損をすることがある

    買収防衛策の中には、デメリットとなる防衛策もあります。

    そのため、買収防衛策が成功したとしても株価が下がり、売り方によっては株主が損をする場合があるのです。

    株式公開買付(TOB)に対する防衛策

    株式公開買付には、さまざまな防衛策があります。今回は主な防衛策として下のようなものを紹介します。

    1. ホワイトナイト
    2. ポイズンピル
    3. 焦土作戦
    4. 株主価値の向上

    まとめ

    今回は、株式公開買付(TOB)とは何か、メリット、デメリット、主な防衛策について解説しました。

    TOBでは、相手先企業との交渉や株主への説明などが重要となります。専門家の知見を得ながら進めていくことがおすすめです。

    この記事と一緒に読まれている記事