• HOME
  • >
  • 会社・事業
  • >
  • プレゼンを成功させるにはコツがある!誰でも簡単にできる方法

ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    プレゼンを成功させるにはコツがある!誰でも簡単にできる方法

    2022/06/17

    会社・事業

    プレゼンを行う際、緊張して上手く話せない、資料作りでどうしたら見てもらえるのかわからないなど悩みはつきものです。

    プレゼンを成功させるためにはちょっとしたコツがあるのです。ちょっとしたコツを掴むことで、上手くいく方法を紹介します。

    プレゼンの目的を理解する

    プレゼン=プレゼンテーションは「説明」「説得」などの意味があります。プレゼンは商品やサービスを知らない人に情報を効率的に売り込む技法です。ただ話を聞いてもらうだけではなく、最終的には「具体的な行動を決断をしてもらう」「聞き手に行動を起こさせる」ことが目的といえるでしょう。

    心に刺さるプレゼン資料のコツ

    よいプレゼンとは、聞き手が最後まで興味を持って聞くことができるものです。説明や伝えたいことがわかりやすく、端的にまとめられていれば最後まで惹きつけることがことができるのです。ここでは、プレゼン資料をつくるときのコツを紹介します。

    1. 聞き手をおさえる
    2. 内容・構成
    3. 資料作り

    1.聞き手をおさえる

    プレゼンでもっとも大切なことは、聞き手の情報や特徴などを可能な限り情報収取しておくことです。

    • 聞き手がどのような立場なのか?(役職など)
    • 相手の興味、関心ごとは何か?
    • 業務上で課題を感じていることはあるか?
    • プレゼン内容について、どこまで理解しているか
    • 提案に対してどのような反応を示しそうか?

    具体的に分析し資料に盛り込むことで、聞き手が興味を持つ話題やテーマを考えやすく効果的なプレゼンを行うことが可能になります。

    2.内容・構成

    プレゼンが成功するかどうかは最初の30秒で決まるといわれています。第一印象は大事とよくいわれますが、プレゼンでも冒頭の30秒のつかみで聞き手の興味を惹きつける重要な要素です。内容が満足のいくものだとしても、冒頭のつかみでこの先も聞こうと思えるのかどうかが決まります。

    また、資料を作る際にも注意してほしいのが、はじめに結論から伝える構成にしましょう。

    聞き手に内容を理解してもらいやすくなり、人を惹きつけるストーリー形式を意識して構成してみてください。

    そこで参考になるのが、「PREP法」です。

    • Point(結論)
    • Reason(理由)
    • Example(実例、具体例)
    • Point(結論/まとめ)

    プレゼン中は聞き手に適度にメリットがある内容を盛り込むように、意識してみましょう。メリットを盛り込むことで、最後まで気を惹くことができるプレゼンを行うことができます。

    3.資料作り

    資料は1スライド1メッセージとシンプルなものを心がけましょう。レイアウト1つで見やすさが大きく変わります。言いたいことを1スライドにたくさん盛り込んでしまうと、結局何がいいたいのかがわからなくなってしまうのです。

    また、色の使い方やフォントサイズまでこだわることです。使用するカラーは「3色前後」を基本とし、フォントの大きさは18ポイント以上がおすすめ。使用するカラーが多いと資料がごちゃごちゃしたイメージになり、協調したい箇所がわからなくなってしまいます。

    フォントサイズが小さすぎると、聞き手は資料を読み込むことに必死になり、プレゼンに耳を傾けることができなくなるので、注意してみてくださいね。

    心に刺さるプレゼンを成功させるコツ

    緊張のあまり、言いたいことが言えないことがあります。そうならないためにもプレゼンを成功させるコツを確認しましょう。

    話し方

    話し方のコツは、以下の5つです。

    • 大きな声ではっきりと話す
    • 早口にならないようにする
    • 笑顔で話す
    • 難しい言葉や専門用語は言い換える
    • 「あの」「えっと」などつなぎ言葉は使わない

    プレゼン資料はできるだけ文字を詰め込まずに、言葉で伝えることが聞き手を惹きつけるコツです。資料に書いてあることをそのまま読むだけだと、資料だけに目が行き、聞き手は飽きてしまいます。そうならないためにも次の展開がどう進むのかが気になるよう、抑揚をつけたりジェスチャーを交えたりしましょう。

    身だしなみ

    最も大切なことは「清潔感」です。身だしなみはその人の印象になるので、必ずプレゼン前に汚れやシワがないか確認することが重要。さらに「笑顔」や「姿勢」は気を付けたいポイントです。緊張すると顔がこわばってしまったり、猫背になってしまうことがあります。

    笑顔は好印象を与えるための最大の武器、背筋がピンと伸びていると堂々としている印象があるので意識してみてくださいね。特に背筋を伸ばすと自信にもつながり、ハキハキとした口調にもつながります。

    プレゼン中に緊張しないために

    プレゼンで緊張しない方は稀で、どれだけプレゼンの経験を積んだ方でも緊張はします。まずはプレゼンをぶっつけ本番で挑むのではなく、なるべく当日と同じ状況を事前に味わいながら練習を行うことです。

    聞き手役を誰かに協力してもらい、プレゼンのフィードバックを受けるようにすれば、修正箇所が見つかって本番にはうまくこなすことができるでしょう。

    また、プレゼン中はこちらの話を聞いてくれる人を早く見つけることで、緊張が和らぎます。

    まとめ

    プレゼンをするときに緊張してしまい、気付かないうちに声が小さくなったり早口になったりすることがあります。そうならないためにも事前に聞き手役を誰かに協力してもらいながら、コツを掴んでみてくださいね。

    このブログは、非常に専門的な内容をお伝えしていますので、一通り目を通していただければ相当な知識が得られます。
    ただし記事数が多く、すべてを一度に読むのは困難です(記事一覧はこちら)。
    下記よりメールアドレスをご登録いただければ、役立つM&A情報や最新ニュースをお知らせいたします。

      この記事と一緒に読まれている記事