ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    事業承継を個人事業主がおこなうメリット・デメリットを解説

    2022/02/28

    メリット・デメリット

    どんなものでは計画は必要です。事業承継についても作業を円滑におこなうために計画が必要となってきます。

    計画書を作ることで、その時期や作業内容のためにトラブルが起きないかどうか、あらかじめ確認できます。

    今回は、事業承継計画はなぜ必要か?書き方はどうしたらいいのか?についてご紹介します。

    事業承継をご検討するには、

    事業承継を適切に進めるためには、計画が大切です。計画を立てるには、最良の形でおこなえるよう、その時期、そのタイミング、その方法などを適切に決定していく必要があります。

    ただ単に経営から退きたいと考えて、むやみに進めると、承継後にトラブルが起こる可能性があります。事業承継をおこなうには確実に遂行できる計画が必要です。

    事業承継をご検討の場合

    事業承継は、法人を引き継いでもらう行為です。法務や会計上の問題が絡む場合があり、トラブルも引き起こすことがあります。

    事業承継に対応できる専門家に相談することで、
    多忙な経営者のニーズをしっかりとサポートしてくれるでしょう。まずは、相談しやすい専門家に相談してみましょう。

    事業承継をおこなう計画書はなぜ必要なのか?

    事業承継をおこなう際に必要なのは何でしょうか。計画書の作成が必要な理由は、下のようなものです。

    1、事業承継を周りの親しい人と話し合うたたき台となる
    2、事業承継について後継者と話し合うきっかけとなる
    3、社外の関係者と話し合いがしやすくなる

    1、事業承継を周りの親しい人と話し合うたたき台となる

    事業承継は、経営者の希望だけで叶うタイプのものではありません。適切に事を進めることで結果の出るものです。
    親族や後継者を巻き込んで進めることが必要です。事業承継の計画があると、良いきっかけとなります。

    話し合いの結果を計画書に反映していければ、それが事業承継を円滑に進めるための根拠となります。事業承継で注意しないといけないのは、周囲からの横槍なのでトラブル回避につながります。

    2、事業承継について後継者と話し合うきっかけとなる

    事業承継は、経営者だけで進めることはできません。経営者以外にも後継者や周りの人の共通の理解などさまざまなことを持って成立していく。少なくとも経営者が後継者と話し合うきっかけがあると、よりスムーズに進めることができます。

    3、社外の関係者と話し合いがしやすくなる

    事業承継の計画書があれば、社外の関係者と話し合いが持てます。特に、取引先や金融機関などに対して理解を得るためには、計画書は必須です。

    計画書がないと・・・

    事業承継の計画書がないと、自分の考えをそれぞれの関係者に話していくことにあります。
    しかし、計画書がないと、口頭だけでは理解や信頼を得るのは難しい。計画書の有無は、事業承継そのものの成否に関わってきます。

    自分だけの計画書ではない

    事業承継は自分のためではなく、周りに信頼を持ってもらうためのものでもまります。また、トラブルがないように適切に進めるためのものでもあります。

    計画書の書き方

    事業承継の計画書を書くには、中小企業庁の事業承継ガイドラインを参考にすると分かりやすい。


    事業承継ガイドライン 20問20答https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/shoukei20/mokuji.htm

    計画書を作成するには、下のような流れで押さえていきます。

    1、事業承継の骨子
    2、事業の中長期目標
    3、経営理念
    4、関係者の理解を得る対策
    5、事業承継の実施時期
    6、後継者への教育と実施時期
    7、株式や財産の分配と実施時期
    8、その他
    9、これらの対策や時期を計画に盛り込む

    計画書を作成する時期やタイミングは?

    計画書を作成するベストなタイミングや時期は、経営者の年齢や社内・社外の状況によります。後継者が決まっていれば、後継者のスキルや気持ちも関わってきます。

    経営者の年齢

    経営者の年齢によって、事業承継のタイミングは決まってきます。経営者の年齢は、できれば60歳を過ぎる前に計画書は作成したい。

    経営者の引退年齢は、60代後半となっていることが多い。そのため、それまでに後継者の擁立をすると考えると、できれば50代から準備しておいたほうがいいでしょう。

    つまり、事業承継計画はできれば、60歳までにたたき台でも作成しておくのが良いと考えます。

    実施のタイミング

    事業承継の計画を作るタイミングはもちろんのこと、実施のタイミングも重要です。たとえば、計画作成は、株式の評価のため決算の直後が適切なタイイングであると言われています。

    決算直後は、事業計画を見直すタイミングとしても良好です。直近の業績や経営の方向性などを含めて、事業承継を練ることができます。

    計画の実施については、後継者が育ってきている時期や経営者の年齢、業界内の状況、社内の状況や取引先の状況によって決定します。

    まとめ

    事業承継計画書は、周りの信頼を勝ち取るために必要です。またトラブルを避けるための予防策でもあります。
    行程スケジュールを立てることで、漏れなどがない作業行程を確認することができます。

    どんな事業承継をするにせよ、なるべく早いうちにたたき台の計画書を作成してみましょう。

    このブログは、非常に専門的な内容をお伝えしていますので、一通り目を通していただければ相当な知識が得られます。
    ただし記事数が多く、すべてを一度に読むのは困難です(記事一覧はこちら)。
    下記よりメールアドレスをご登録いただければ、役立つM&A情報や最新ニュースをお知らせいたします。

      この記事と一緒に読まれている記事