• HOME
  • >
  • 事業継承
  • >
  • 事業承継の対策が必要となる理由や対策上のポイントを解説

ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    事業承継の対策が必要となる理由や対策上のポイントを解説

    2022/02/21

    事業継承

    事業承継はトラブルがあるのだろうか?会社を何とか存続させたい。
    後継者不足の中で、多くの中小企業にとって事業承継が必須です。後継者不足が経営者にとって悩みのタネです。

    今や事業承継は、緊急の課題となっている会社もあります。現代において、事業承継には対策が必要です。

    今回は、事業承継の対策が必要となる理由、対策ポイントについてご紹介します。

    なぜ事業承継に対策が必要なのか?3つの理由

    事業承継は、対策が不十分な場合、トラブルにつながる可能性があります。そのようなトラブルを避けるためには、事業承継の対策が必要です。ここではどんな理由で対策が必要なのか?解説していきます。

    1、会社を存続させるため

    事業承継をおこない、会社を存続させること。経営者が職人のようなスキルを持っていたとしたら、スキルの引き継ぎだけで数年以上の期間が必要となるでしょう。

    中小企業にとって、事業承継に数年かかることは珍しいケースではありません。
    仮に経営者が病気などで倒れてしまうと、そこで事業承継の準備が滞ります。

    そうなると後継者が決まっていたとしても倒産リスクが上がります。会社を存続させるためにも、事業承継対策には前もって取り組むことは必須と言えます。

    2、相続のトラブルを防ぐため

    相続のトラブルを防ぐためにも、事業承継の対策をおこなう必要があります。

    相続トラブルによって親族内で対立が生じていたとしたら、従業員、取引先はどう思うだろうか。次第に会社自体に信用をなくしてしまいかねません。将来的にも相続問題は解決しておくことが経営を続けておくには必須の課題です。

    周りからの信頼を損なわないために、事前に相続について話し合って事業承継対策をおこなっておく必要があります。

    3、税金の課題を解消するため

    相続税・贈与税が優遇される事業承継税制の実施によって、多くの中小企業は税金に悩まされることなく、事業承継を進められる環境になっては来ています。

    そうは言っても余裕を持って準備をしておくことが大事です。贈与税や相続税の負担は、特に事業承継税制の適用が受けられない場合、重く伸し掛かります。

    事業承継の対策ポイント3つ

    事業承継の対策をおこなうにあたって、重要なポイントを3つにしぼってご紹介します。

    1、早めに準備する

    事業承継で最も重要なポイントは「早めに準備する」ことです。理由は、後継者の育成には5年以上10年未満かかるというデータがあり、最低でも3年はかかると見て良いでしょう。

    どんなに優れた経営者でも時間とともに健康上のリスクは上がってきます。事業承継対策を行わなければ、病気やケガによって経営ができなくなった場合どうなるのか。事業が継続できなくなると不安に思うでしょう。

    そうならないために、事業承継は前もっておこなうことが重要です。

    2、自社株式の対策を考える

    中小企業における事業承継対策は、自社株式の対策が大事です。
    相続や贈与によって事業承継を進める場合、支払う税金は抑えられます。それに関してはさまざまな方法があります。

    また、自社株式の資金対策については、「事業承継税制」を利用するのも一つだ。

    3、後継者について真剣に考える

    事業承継対策の前提として、後継者について真剣に考えることは念頭に考えたい。トラブルを未然に防ぐためにも、後継者自身が引き継ぐ興味を持つことが、事業承継を円滑に進めるポイントの一つとなります。

    まとめ

    事業承継対策は、早め早めの準備でスムーズに進めましょう。対策には、後継者の選定や前金の問題、環境整備などさまざまな準備が必要です。
    経営者の健康リスクもあります。いつ体調を崩すのか、誰にも分かりません。どのようなことが起きても対応できるよう、早めに事業承継対策に取り組んでおきましょう。

    このブログは、非常に専門的な内容をお伝えしていますので、一通り目を通していただければ相当な知識が得られます。
    ただし記事数が多く、すべてを一度に読むのは困難です(記事一覧はこちら)。
    下記よりメールアドレスをご登録いただければ、役立つM&A情報や最新ニュースをお知らせいたします。

      この記事と一緒に読まれている記事