• HOME
  • >
  • 資産運用
  • >
  • 【いまさら聞けない!】NFTって実際なに?わかりやすく解説します

ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    【いまさら聞けない!】NFTって実際なに?わかりやすく解説します

    2022/12/19

    資産運用

    VRアーティストのせきぐちあいみ氏が出品したNFTアート作品が約1,300万円で落札されるなど、実際に高額での取引が行われ、あらゆる分野で将来性が期待されているNFT。日本のみならず世界的に注目されています。

    NFTが急速に注目を集めていますが、なぜそこまで注目を集めているのか。活用されている分野とは? いまさら聞けないNFTとはなにかをわかりやすく解説していきます。

    NFTとはなにか?

    NFT(Non-Fungible Token)とは、「代替不可能なトークン」という意味です。偽造不可能な鑑定書、所有証明書付きのデジタルデータに唯一無二の価値を持たせることを可能にしました。従来のデジタルデータは安易にコピー・改ざんできるため、絵画や宝石などのような資産価値があるとはみなされませんでした。

    NFTはそれぞれが唯一無二の固有価値を持つため、代替不可能になっています。世界に「たったひとつのモノ」としての性質をいかし、幅広い分野で期待されているのです。

    なぜNFTが世界的に注目されているのか

    2021年3月にデジタルアートがNFTで史上最高額の、75億円で落札されたと話題になったことがきっかけで多くの人々の注目を集めました。

    従来のデジタルアートは資産価値の付与が困難でしたが、NFTと紐づけすることで「たったひとつのモノ」として販売することが可能となり、世界的に注目されています。

    NFTと暗号資産の違いは?

    暗号資産(Fungible-Token)とは代替可能なトークンであり、同じトークンが存在します。現金と同じように他のトークンとまったく同じもので、区別することができずに仮想通貨や現金と交換が可能です。

    逆にNFTは識別子を持つことで区別できます。これをデジタル資産と紐づけると、取引記録がブロックチェーン(取引履歴を過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持する技術)に記録されていきます。それを利用して他とモノと交換できない唯一無二のものとして扱うので、同じトークンが存在しません。

    NFTの特徴

    NFTはあらゆるプラットフォームで利用でき、個人間で取引できるので誰でも簡単に参入できます。NFTの主な特徴を2つ解説します。

    • 唯一無二のオリジナル
    • プログラマビリティ

    唯一無二のオリジナル

    NFTは代替することができないので、唯一無二のオリジナル性があります。ブロックチェーンと呼ばれる技術によって、デジタルデータに価値を持たせることができました。これによってNFTは作品の出どころや取引履歴を改ざん困難な形で記録できるため、コピーや贋作ではない世界にたったひとつのモノとしての価値が生まれてくるのです。

    プログラマビリティ

    プログラマビリティとは、ニ次流通(転売)で手数料などをカスタマイズして、データ自体に付与できます。ある画家から購入した絵画を他人に転売したとします。その際、画家には収入が入りませんでした。

    しかし、NFTの技術なら作者の手を離れても継続的にマージンが入る仕組みを作ることができます。転々流通はあくまでプログラマビリティの要素の1つに過ぎませんが、今後はどのように動作・管理するかをプログラムによって自由に設計できるように、さまざまな仕組みが構築できるでしょう。

    NFTが活用されている分野

    NFTの主な活用と商品ジャンル、具体的にできることは以下の通りです。

    • デジタルアート
    • ゲームアイテム
    • 音楽作品
    • トレーディングカードゲーム
    • 漫画
    • アニメ
    • ライブチケット
    • 会員権
    • 不動産
    • ファッション など

    有名なのはデジタルアートですが、なぜそこまで注目を集めたのか。従来のアートや絵画は実物のモノとして作られ、デジタルアート作品は高い価値を持つことが困難でした。簡単にコピーできるモノに対し、高額を付けるのは難しいといえるでしょう。

    しかし、NFTの技術によってコピーができない唯一無二のデジタルアートの作成が可能となったことにより、市場で高額取引されています。

    NFTの将来性は?

    NFT市場はさらなる成長が見込まれ、日本でも大手企業や有名人が参入しています。市場は2021年の1年間で2万倍の急成長を見せ、今後も市場規模が拡大すると予想されるでしょう。とはいえ、新しい技術のため課題もあります。

    日本の法律はまだ十分に整備されておらず、場合によってはNFTが著作物や資産としての価値が認められない可能性も。リスクを回避するためには今後の動向を確認しながら、新たなビジネスチャンスを掴んでいきましょう。

    まとめ

    この記事ではNFTとはなにかを解説しました。日本のみならず海外でもデジタルアートなどが高額取引され、注目を集めています。NFTによってデジタルデータに資産価値がつき、さまざまな分野で活用され、今後もさらなる成長が見込まれるでしょう。

    プログラミング技術がないと作成できないと思いがちですが、意外と簡単に作ることができ、新たなビジネスチャンスになると考えられます。将来性を見越してぜひ、今のうちからNFTに参入してみてはいかがでしょうか。

    このブログは、非常に専門的な内容をお伝えしていますので、一通り目を通していただければ相当な知識が得られます。
    ただし記事数が多く、すべてを一度に読むのは困難です(記事一覧はこちら)。
    下記よりメールアドレスをご登録いただければ、役立つM&A情報や最新ニュースをお知らせいたします。

      この記事と一緒に読まれている記事