• HOME
  • >
  • 資産運用
  • >
  • 個人M&Aで会社を買うことは大丈夫なのか?詳しく解説

ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    個人M&Aで会社を買うことは大丈夫なのか?詳しく解説

    2020/12/01

    資産運用

    個人で会社を買うことはできるのでしょうか。結論から考えれば、個人でも会社を買うことは可能です。


    会社の株式を持つ株主、もしくはオーナー社長と交渉し、株式を購入すれば会社を買うことができます。

    その購入金額は、300万円や400万円など、500万円以下の売却価格となる案件も多く存在します。それらはM&Aマッチングサイトが普及してきたことも影響しているようです。


    今回は、個人で会社を買って、本当に大丈夫なのか? どういう会社が多いのか?などを詳しく説明していきます。

    個人M&Aとは?


    M&Aと言うと、数百億円の大型企業買収などがニュースで目にしますが、最近では、数千万円から数十億円程度のスモールM&Aと呼ばれる買収案件も増えてきています。

    さらにここ数年で爆発的に増加しているのが、数百万円から1,000万円程度で売買されるマイクロM&Aです。


    スモールやマイクロという言い方の規模感がややこしくなっていますが、比較的、少額の資本で会社を買って起業する、もしくは株主になることを個人M&Aと呼ばれています。


    では、なぜ個人M&Aが増えているのでしょうか。

    個人M&Aが増えている理由とは?

    個人のM&Aが増えている要因としては、以下の3つの理由があります。

    1、経営者の高齢化による事業承継ニーズの急増
    2、M&Aマッチングサイトの増加
    3、サラリーマンでいることのメリットの希薄


    中小企業の経営社の高齢化は深刻な問題です。個人事業主も大半が60代以上となっているため、これからの日本は「いかに事業を承継するのか」「いかに廃業するのか」が焦点となっていくと言われています。


    そのニーズに応えるために、M&Aが注目されています。

    このようなことから、個人が会社を買う「個人M&A」が増えており、今後も急増すると考えられています。

    個人向けM&Aのメリット


    今後、個人M&Aが急増していきます。ゼロから起業するのではなく、会社や事業を比較的、少額で買って経営者となるメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。以下で説明します。

    個人M&Aメリットは、以下のようなものがあります。


    ・設備や人材をゼロから揃えていく必要がない
    ・顧客や取引先をそのまま引き続ける
    ・最初から売上があるので、売上の見通しが立てやすい
    ・許認可もそのまま買い取れるので、許認可が必要なビジネスでもすぐに参入が可能


    たとえば、車の整備工場を始めようとすると、設備投資が必要となりますし、タクシー会社を始めようとすると、許認可やタクシー無線などの設備が必要です。

    会社を買収した場合、それらの設備や人材などが揃った状態で経営できるので、時間が節約できるというメリットがあります。

    許認可が必要なビジネスもすぐに経営ができる。これが個人M&Aのメリットの一つとなります。


    さらに、一人で起業した場合と異なり、自分が苦手な分野や仕事は既存の社員にまかせることができます。


    そうすることで、自分の得意分野に集中することができるので、会社の業績を上げやすくなります。これも個人規模でM&Aすることのメリットの一つと言えるでしょう。

    個人向けのM&A案件を探す方法


    ここでは、個人が買えるM&A案件を探す方法について、解説していきます。

    M&Aマッチングサイトを利用する


    M&Aマッチングサイトは、WEBサービスとして展開しているものから、アプリに特化したものまで、現在で30ほどのサイトが存在します。


    たとえば、
    スピードM&ABatonz(バトンズ)TRANBI(トランビ)BIZIGN(ビザイン)

    などがあります。


    個人でM&A案件を探す方法は、なかなか限られますが、マッチングサイト以外に探せる方法をご紹介します。

    M&A仲介会社に問い合わせる


    基本的にM&Aには、M&A仲介会社に依頼するという方法があります。
    小規模のスモールM&Aと呼ばれる規模の案件でさえ、そのような場合がほとんどです。


    しかし、さらに小規模のマイクロM&Aと呼ばれる規模の案件や、個人で会社を買う個人M&Aなどについては、相談に乗ってくれる仲介会社が少ないのも事実です。

    M&A仲介会社は、M&Aのプロです。経営者との相性や費用など、最も適切にM&Aが進むと考えられる会社を紹介してくれ、成約まで細かくサポートしてくれます。


    インターネットを使って自分で買収案件を探すよりも、優良案件を探しやすいことがメリットです。


    この先、数十年、安心して企業経営をしていくにあたっての必要経費と割り切り、手数料を払うだけの価値が充分にあります。

    個人M&A案件で優良案件を見極めるには?


    個人がM&Aを安心して進めるために、優良な企業案件を見極めるポイントをご紹介します。

    事業の将来性


    事業を見極めるにおいて、利益が大事です。さらに決算書にも掲載されにくい、事業の将来性においても見極めることが大切です。

    税務リスクはないか


    M&Aにおいて注意が必要なのが、法務や税務のリスクです。買収した以上、前経営者の時代に起こった問題も、会社の現経営者が対処しなくてはなりません。
    税金の未納や未払いとなっている支払いなどはないか、専門家に相談しつつチェックすることが重要です。

    個人でリスクを見極めようとしても、限界があります。多少の費用がかかったとしても、専門家に相談したほうが結果的に安心してM&Aを進めていくことができるでしょう。

    まとめ


    今回は、個人で会社を買う場合のリスクやそのメリット、方法などについてご紹介しました。


    これからの日本は事業承継が緊急の課題です。M&Aニーズが増えている中、個人でもM&Aができる規模の案件が注目されています。


    どのように企業案件を見極めたらいいのか?などについては、必ず専門家のチェックを依頼しましょう。

    この記事と一緒に読まれている記事