ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    資本提携とは何か?メリットやデメリット、業務提携との違いを分かりやすく解説

    2020/12/01

    メリット・デメリット

    さまざまな企業と出会い、それによって資本提携や業務提携を検討することも出てきます。
    ただ、資本提携は業務提携と混同されていることが多く、違いを理解しておかないと、経営判断が難しくなります。

    今回は、資本提携とは何か?メリットやデメリット、業務提携との違いを分かりやすく解説します。

    資本提携とは何か?

    資本提携とは、資本参加をともなう業務提携を指します。増資の引受などによって、経営権を取得しない範囲で、一定の株式を持ちます。
    単なる業務提携よりも、より強い関係を築くことができます。

    資本を受け入れる側にとっても、商圏の拡大や商品の共同開発など、成長の種を自社の経営資源のみとするのではなく、他社との協力関係を構築することによって、より発展させることができます。

    資本提携のメリット

    業務提携は簡単に提携したり解約することができます。資本提携は、経営に参加したり、財務面で支援してもらうことができ、より強力な関係で経営できます。

    資本提携のデメリット

    資本を受け入れ株主になってもらうので、経営に参画してもらうこととなります。
    機密情報などの開示も含めて、どの程度の出資比率とするか、検討する必要があります。

    資本提携と業務提携との違い

    資本提携と業務提携との違いは、株式を取得するかどうかです。業務提携とは、業務上だけで協力する手法です。
    資本提携とは、経営権を取得しない範囲で他の企業の株式を取得し、協力関係を築く手法です。
    出資を受けることで、資本を強化し与信を高めるのに役立ちます。互いに業務上の支援をおこなうことが資本提携の主な目的となります。

    資本提携の注意点

    議決権の過半数を取得すれば、取締役の選任・解任や配当の決定などの可否が可能となり、議決権の2/3以上を取得すれば、M&Aや定款変更の可否が可能となります。
    提携を行なう際には、「どの程度の出資比率を与えるか」、「相手企業と長期に渡り関係を維持できるか」といった点に注意する必要があるといえるでしょう。

    まとめ

    今回は、資本提携とは何か?メリットやデメリット、業務提携との違いを分かりやすく解説しました。
    資本提携は、株式譲渡などのM&Aよりも費用を抑えることができます。また互いのシナジー効果も見込め、経営リスクが軽減されるというメリットがあります。
    メリットやデメリットを理解した上で、資本提携などを検討していきましょう。

    このブログは、非常に専門的な内容をお伝えしていますので、一通り目を通していただければ相当な知識が得られます。
    ただし記事数が多く、すべてを一度に読むのは困難です(記事一覧はこちら)。
    下記よりメールアドレスをご登録いただければ、役立つM&A情報や最新ニュースをお知らせいたします。

      この記事と一緒に読まれている記事