ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    会社分割とは何か?そのメリットやデメリットについて分かりやすく解説

    2020/12/01

    メリット・デメリット

    会社分割は、M&Aの手法の一つです。多くの大企業がこの会社分割をつかい、経営改善をおこなっています。
    この会社分割には、メリットやデメリットが存在します。今回は、会社分割とは何か?そのメリットやデメリットについて分かりやすく解説していきます。

    会社分割とは?

    M&Aにおける会社分割とは、会社や事業の全て、または一部を他の会社に承継させて、分社化して新会社を設立することを言います。
    この手法には、大きく分けて2種類あります。「新設分割」と「吸収分割」です。
    ここでは、会社分割の新設分割と吸収分割について紹介していきます。

    新設分割について

    新設分割とは、新しく設立会社として分社化して、承継させるというM&Aの手法です。
    さらに新設分割には、「分割型」と「分社型」の2つに分かれます。
    この違いは、新設会社の株式を元の株主が持つのか、会社が持つのか?の違いです。分割型の場合は、株主が持ちます。分社型は、会社が持ちます。

    吸収分割について

    吸収分割とは、分割会社のスリム化や分社化など、承継する会社の事業を拡大させることを目的としたM&Aの手法の一つです。

    会社分割のメリット

    会社分割は、事業譲渡などのM&Aが難しい中小企業でも比較的、簡単に事業承継が可能です。

    会社分割のメリットは、以下のようなものです。

    ・イメージダウンを防げる
    ・再契約が不要
    ・債権者の同意も不要
    ・不採算事業がカットできる
    ・分割中も営業が続けられる
    ・株式の割当が可能
    ・従業員の承継が簡単
    ・短時間で手続きが済ませられる
    ・買収のための資金が不要
    ・一部の事業を移転できる
    ・資産の引き継ぎが可能

    会社分割のデメリット

    会社分割のデメリットは、事業譲渡など他のM&A手法とは異なるデメリットがあります。

    ・手続きが複雑
    ・すべての資産も引き継ぐ
    ・株主3分の2以上の同意が必要
    ・許認可の引き継ぎができない
    ・株式の現金化が難しい
    ・人材や技術が流出する恐れ
    ・固定費負担が増える
    ・イメージ低下の可能性

    まとめ

    今回は、会社分割とは何か?メリットやデメリットについてご紹介しました。
    会社分割による多くのデメリットは、事前の準備で避けられるものもあります。
    まずは、正しい情報を取得して、リスクを減らす計画を練っていきましょう。

    この記事と一緒に読まれている記事