ジャストM&Aお問合せはこちらから(秘密厳守)

×

    お問い合わせありがとうございます。

    はじめにお問い合わせの種類を教えて下さい。

    直近の決算資料より、以下項目を記入してください

    簿価純資産 千円

    (決算書貸借対照表の右下「純資産の部」合計額を入力ください)

    簿外資産、含み益 千円

    (土地・有価証券・保険積立金等の簿価が時価よりも高ければ含み益となります。全額損金の生命保険があれば簿外資産となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    簿外負債、含み損 千円

    (退職引当金や貸倒引当金が未計上の場合、は簿外負債となります。土地・有価証券・棚卸資産が時価よりも低い場合、売掛金の中に貸倒があれば、含み損となります。それらがわかればより正しい評価額がわかります。合計額を入力ください)

    年平均経常利益+減価償却費 千円

    (決算書の損益計算書から経常利益と減価償却費を加算し、3年分を算出して3で割り、年平均額を入力ください)

    ビジネスモデル

    (フロー型ビジネスとは「商品やサービスを都度販売する売り切り型ビジネス」を指し、ストック型ビジネスは「定額サービスの提供によって継続的に収益が入るビジネス」を指します。不明の場合はフロー型を選択ください)

    次へ

    ありがとうございます。会社名、ご担当者様のお名前をご入力ください。

    次へ

    続いて、ご連絡先をご入力ください。

    次へ

    ご関心のある内容を教えてください。

    最後に相談内容について教えてください。

    次へ

    こちらの内容でお間違いないでしょうか?問題なければ「送信する」ボタンを押してください。

    お問い合わせ区分
    会社名
    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    関心のある内容
    ご相談内容
    メールお問い合わせ(秘密厳守)

    M&Aに関する情報発信 COLUMN

    経営統合と合併との違いとは?メリットやデメリットを分かりやすく解説

    2020/12/01

    メリット・デメリット

    M&Aの手法の一つである経営統合や合併は、2つ以上の企業が1つになることで、さまざまなメリットが得られるものです。
    しかし、経営統合と合併は、それぞれメリットが異なります。
    今回は、経営統合と合併との違いとは?メリットやデメリットを分かりやすく解説します。

    経営統合とは何か?

    経営統合とは、M&Aにおける経営統合とは、共同で持ち株会社を設立し、新設された会社の傘下に入ることを指します。
    この時、設立した会社は、一般的に「〜〜ホールディングス」という名称で呼ばれることがあります。
    ちなみに、経営統合による企業同士の結びつきが比較的、合併よりも弱いものとなります。

    合併との違いとは?

    経営統合と合併には、どのような違いがあるのでしょうか。

    1、会社の数が合併では減る
    2、経営統合では必ずしもシステムを統一しなくてよい
    3、合併では存続企業以外、消滅する

    経営統合では、それぞれ会社のシステムが残すことはできます。合併では1つになり、システムの統一化が必須です。

    経営統合のメリット

    経営統合の主なメリットをご紹介します。

    1、人事やシステム統合の手間がかからない
    2、共倒れリスクの回避
    3、企業体質の改善
    4、後継者不足の解消

    経営統合のデメリット

    経営統合の主なデメリットをご紹介します。

    1、子会社同士が連携しにくい
    2、シナジー効果が少ない
    3、コスト削減につながらない

    経営統合の手続き

    経営統合の手順は、持株会社の作り方で異なります。株式移転方式と株式交換方式の2つの方式によって、流れが変わるのです。

    株式移転方式を用いる場合

    別グループの株式会社が経営統合する株式移転先となる親会社を新設する

    株式交換方式を用いる場合

    株式交換の費用・手順を決定する持株会社の親会社になる予定の会社が子会社の株式を取得する親会社は子会社に対価としての自社株式を交付する

    まとめ

    今回は、経営統合と合併との違いとは?メリットやデメリットを分かりやすく解説しました。
    経営統合と合併は似ている部分もありますが、どちらを選択するかは、目的によって異なります。
    合併を実施する際には、メリットを最大限得る為に、人事制度の統合を重点的に実施する事が大事です。いざ行動に移す前に検討することをおすすめします。
    両者のメリットやデメリットを踏まえた上で、合併と経営統合のどちらを実施するか決めましょう。

    この記事と一緒に読まれている記事